まきばカレンダー4月と5月

2019年も5か月が過ぎ、♬お〜まきば〜は〜み♪ど♪り♬とまきばで歌いたくなる季節になりました。

毎月、牧場カレンダー写真について投稿する予定でしたが、4月を飛ばしてしまったので2か月まとめて投稿します。
楽しい牧場の仲間たち2019に星5つのレビュー!嬉しいです。

4月は礒沼ミルクファーム。東京都(八王子市)にある酪農牧場です。
4_20190512225937787.jpg
放牧場のフェンスの向こうにある桜の木、その前で一休みするジャージー牛、そんな幸せそうな風景を望遠レンズで切り取りました。

礒沼ミルクファームの桜が満開になるのは毎年だいたい3月末〜4月初旬頃。
礒沼さんのSNSの投稿を見ながら、桜の咲き具合と天気を見計らって、この風景を撮りに毎年通っています。

今年の春も桜の時期に行ってきましところ、同じ日にうしカメラの高田さんも撮影にいらしていました(初対面)。礒沼さんがご紹介くださり、ツーショット写真も撮ってくれました(写真左が高田さん)
takada.jpg
撮影の後、近くのカフェで一緒にお茶をして、牧場撮影の楽しさや苦労話などで盛り上がり、楽しい時間を過ごしました。

5月は彩の国ふれあい牧場
埼玉県の秩父高原にあるふれあい牧場です。

5_20190512225938a0f.jpg

春の日差しの下でお昼寝をする子山羊たちの気持ちよさそうな姿を切り取りました。
ここにいるヤギの品種は「ヤクシマヤギ」。小柄で牛のような柄を持つ品種です。

ヤギたちのいる高原から見渡す風景は眺めがよく、営業時間内は同じ放牧地で自由ににふれあえます。
ヤギ好きさんにとってはパラダイスのような場所です。

私もそんなヤギたちに会いたくて、子山羊の多い春に何度も訪れています。



楽しい牧場の仲間達3月はこうさぎ

もう3月も半分以上すぎてしまいましたが、

楽しい牧場の仲間達カレンダーの3月は、シロツメクサの草原で顔を洗う仔うさぎさんです♫

3_20190321120314c00.jpg

福島県の山奥でいろんな動物達と暮らしている楽園ファームさんに撮影をご協力いただきました。

楽園ファームは観光牧場ではなく山奥の個人宅です、その広いお庭で動物達がのんびり暮らしています。
ヤギの飼育本の撮影がきっかけで仲良くなったヤギのいる宿のガーデンハウスサラのご夫婦に、ここのご主人をご紹介いただき、何度もおじゃましています。ご主人のお人柄がとても素敵で動物達もひとなつこくてとてもかわいいのです。

動物撮影をきっかけに、素敵な方々とのご縁がひろがっていきます。
このお仕事をしていて良かったな!と思います♫

カレンダー2月はミニブタのこぶた

IMG_8739.jpg


カレンダー楽しい牧場の仲間達の2月の写真は、スエトシ牧場のミニブタのコブタです♫

所で、どうしてミニブタって「ミニ」が付くのでしょうか?
普通のブタとはどこが違うのでしょうか?

それは、、、

大人になっても体重が100キロ以下の種類のブタさんを総称して「ミニブタ」と呼びます。
養豚場などにいる「ブタ」さんは大人になると体重300キロを超えるものも多いです。

観光牧場にいるブタさんはほとんどがミニブタで、スエトシ牧場にいるのもミニブタです。
特に子ブタの時期は本当にかわいいのです💗

ある日のスエトシ牧場のブログで「ミニブタに赤ちゃんが産まれました!」という情報を見つけて、おお〜これは撮りたい!と思い早春のスエトシ牧場へ行きました。

到着した時は、あれ?どこにもいない?と思ったら小屋の中でお休みタイム。おかあさんブタと一緒にまったり中。
15327suetoshi038.jpg

しばらくしたらお散歩タイムに♫
牧場の敷地内を歩くおかあさんの後をこども達がついて歩きます。
15327suetoshi162.jpg

こども達はおかあさんのおっぱいを飲んだり
15327suetoshi110.jpg

15327suetoshi085.jpg


おかあさんの真似して鼻で土を掘ったり
15327suetoshi063.jpg

15327suetoshi106.jpg

牧場のわんこと遊んだり
15327suetoshi187.jpg

遊びつかれて太陽の下でお昼ねしたり
15327suetoshi104.jpg

そんな様子を夢中で追いかけながら撮影した1枚です♫
2_201902112331542ea.jpg

※事前に牧場の方に撮影&掲載OKをいただいて撮影しています※

※観光牧場などの牧場へ行く予定がある方へのご注意※
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、現在、日本やお隣中国で、牛やブタの家畜の伝染病が発生しています。
靴の裏の土などで病原菌を運んでしまうことが無いように観光牧場などの入場口に靴の消毒液があれば消毒し、立ち入りが禁止されている場所には絶対に立ち入らないようにしましょう。特に最近海外へ旅行へ行ったばかりの方は特に注意が必要です※ 少しでも早く収束することを願うばかりです。

カレンダー1月はミニチュアホース

2019年も半月が過ぎてしまいましたが、まきばカレンダーの1月の写真のお話です。


_AT_9642_20181229195621874.jpg

1月の写真の撮影場所は長野県佐久市にあるスエトシ牧場のミニチュアホース。
1_201901171927598dd.jpg

ここは馬がメインの牧場で、馬の中でも大きなサラブレッドから、小さなミニチュアホースまでいる馬好きにはたまらない牧場です。

10年位前に馬の飼育本の撮影のお仕事でお世話になって以来、チャンスを見つけて時々訪れています。
カレンダー1月の写真は、雪残る冬の終わりに訪ねた時に撮影しました。

ちなみに志村動物園をご覧になっている動物好きの方はご存知かと思いますが、ミニチュアホースの中でも特に小さいだっこできる馬で有名な「そらまめ」君が、ここの牧場の出身です。

馬以外にも、ミニブタ、羊、ヤギ、アヒル、ラマ、亀、猫などいろんな動物がいて、とてもひとなつこい動物達とふれあうことができます。






2019年の牧場カレンダー表紙

「牧場の動物のカレンダーを作りたい」
そう思ってお世話になっている編集部に企画を持ち込んで、編集会議を通過して実現したのが楽しい牧場の仲間たち

こんなカレンダーが欲しかった!というものが出来上がりました!

_AT_9642_20181229195621874.jpg


ご購入くださった方ありがとうございます、1年間どうぞよろしくお願いします!

まだ持っていない方よろしくお願いします!
30センチ角の大きなカレンダーで値段は1602円+税。(出版社は誠文堂新光社)
Amazonや全国の本屋さん、カレンダー売り場などで好評発売中!!
(全国本屋でお取り寄せも可能です。)

2019年だけでなく続いていけたら良いなと思っています。
でもそれは今後の売り上げ次第でもあるのですが、2年目となる2020年版のカレンダーの制作はおかげさまで決定しました!!2冊目も良いものになるようがんばります!

2019年の牧場カレンダーを楽しんでいただけるように、写真についてこちらのブログでもお伝えしていこうと思いますので時々のぞいてみてください♫

ではまずは、表紙の写真について。
モデルになってくれたのは5月のマザー牧場の子羊達です。

マザー牧場では毎年たくさんの子羊が産まれますが、その中でも特にかわいい4頭にモデルになってもらいました。

「飛んでいるのは合成?」と時々聞かれることがありますが、合成ではなく本当に飛んでいます。

毎年春に「かわいい子羊を撮影しよう」という目的で撮影日を決めて、牧場の開場前に牧場広報スタッフさんと、羊飼育担当の方と私の4〜5人が集まって撮影しています。

この時は私が丘の上でカメラをかまえてスタンバイしておいて、カメラの近くで羊飼育担当の方に、子羊達をを呼んでもらって駆け寄ってくる所を連写した中の1枚です(ピント合わせが難しかった!)

そうはいっても相手は子羊。

1頭がこっちに来てくれても他の3頭は足下の草をムシャムシャしたり、丘の下へ走り去ってしまったり、なかなか思うようにはいきません。

自由奔放な子羊たちに人間達が振り回されること約1時間。
このように4頭がきれいにそろったのはほんの1瞬のこと(しかも飛んでくれた!)

この奇跡のような1枚が撮れたのは、牧場スタッフさんと、いつも羊達のお世話している飼育員さんのご協力のおかげなのでした。 写真はマザー牧場のHPなどにも登場したりします。

cover16610_096.jpg



プロフィール

makibaphoto

Author:makibaphoto
マキバ写真家の平林美紀です。
動物と自然の気持ちの良い風景を集めていきたいと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも一覧

イングランドの田舎から

5匹のパグLIFE
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR