たのしい牧場の仲間たち2019、駆け込み紹介

2019年もあと3日

楽しい牧場の仲間たちカレンダー2019の写真紹介を、8月まではこのブログで紹介していましたが、9月以降の更新ができていなかった事が自分的にとても気になっていましたので、今年が終わる前に駆け込みでご紹介します。

9月は、神崎農村公園ヨーデルの森(兵庫)の親子のアルパカさん。
真っ白いふわふわな毛並みと、つぶらな瞳のかわいい子たち、やっぱりアルパカは白い毛が一番かわいいですね。
9_20191229003416ac5.jpg

10月は、富士ミルクランド(静岡)のまだ若いジャージー牛の好奇心の眼差し。
10.jpg

11月も富士ミルクランド(静岡)で、ちょっと人見知りのロバさんでしたが、秋の夕方の優しい光の中でカメラ目線をくれました。
11_2019122900341819e.jpg

12月は ヨークシャーファーム(北海道)のひつじたち。
雪の降る北海道の厳しい寒さの中でも、自前のウールで冬を乗り越えます。
12.jpg

最後のページには、2020年の一覧カレンダーがおまけでついていて、その写真は、朝霧高原(静岡)放牧地で過ごすホルスタイン。青い空に緑のまきばにはやっぱり、白黒のホルスタインが良く映えます(^-^)/
13_201912290034211fc.jpg

カレンダーを使ってくださったみなさまが、毎月変わるまきばの動物たちに癒されてくださっていたらとても嬉しいです。

そして、楽しい牧場の仲間たち2020年版もよろしければ、ひき続きよろしくお願いします!
ご購入はアマゾンや、お近くの本屋さんへご注文いただければお取り寄せ可能と思います。

ちなみに、このまきばのカレンダーは「まきばの動物でカレンダーを作りたい!」という私の持ち込み企画を、お世話になっている誠文堂新光社さんに採用していただけて実現しました。

2019年、2020年版と販売しましたが、残念ながら誠文堂新光社のカレンダーの、レギュラー選手にはなれず、2021年以降の継続は叶いませんでした。。(出版社のカレンダーの制作進行は早く、2021年のカレンダーのラインナップの選考がもう始まっています。)

「まきばの動物」といった、犬猫に比べてだいぶマイナーな動物にもかかわらず、2年間制作してくださった誠文堂新光社さんには感謝しつつ、他社にて2021年以降の新たな企画の可能性を探りたいと思っています。

※誠文堂新光社のレギュラー選手である、パグ、ビーグル、プードルのカレンダーの撮影はひき続き担当します※
69722264_10214338084903002_3428896091473444864_o.jpg

<募集!>
2021年〜のカレンダーなどで、まきばの動物の写真を検討したいという方が、もしいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談くださると嬉しいです!
もちろん新規撮り起こしのご依頼やご相談も大歓迎です!!

今年もたくさんの方にお世話になり、おかげさまで充実した1年になりました。
ブログやSNSを楽しんでくださっているみなさまもありがとうございます!

2020年もたくさん牧場へ撮影に行きたいなと思います!!(^∇^)ノ

それではみなさま良いおとしを!\(^o^)/








カレンダー9月は神崎農業公園ヨーデルの森のアルパカ

台風15号により被害を受けられた方々に心からお見舞い申し上げます。

電気、水道、倒木、がれき処理など現場で復旧作業のみなさまに感謝申し上げます。

現場の情報を知るにつれ、気持ちが落ち込んでしまいがちでしたが、復旧を祈り、復興に従事されているみなさまに感謝をし、自分に何かできることがあれば動けるような心構えを持って継続して情報を得、無駄に落ち込まずに背筋を伸ばして1日1日過ごしたいと思います。

のんびりマイペースなまきばの動物たちに私自身がとても心癒されていて、そんな気持ちを共有できたら、誰かの心をほんのちょっとでも癒すことができていたら嬉しいです。

さて9月も半分すぎ、遅くなってしまいましたが、楽しい牧場の仲間たち2019の9月の写真は神崎農業公園ヨーデルの森のアルパカさんです(*^_^*)
9_20190915181614802.jpg

09251022_5ba98dc23ccab_2019091518162143d.jpg

15504yodel306_1.jpg

15504yodel393.jpg

15504yodel483_1.jpg

15504yodel442.jpg

ダチョウと羊蹄山

楽しい牧場の仲間たちカレンダー 2019の8月の1枚は、北海道ニセコのダチョウトリオ♪(/・ω・)/ ♪

8b.jpg

羊蹄山(ようていざん)をバックに、広々とした草原に放牧されているダチョウの姿を撮りたくてある8月の終わりにニセコ町の第二有島ダチョウ牧場を訪れた時に撮影した1枚です。

体長2m体重100キロと、ダチョウは鳥類としては地球上最大の鳥。
(ただし、脳の大きさは人間の眼球ほどで40gと極小^^)

そんな大きなダチョウを柵越しに目の前で見れるので大迫力です。

撮影の為にニセコに2泊宿をとり、日の出から日没までダチョウ達を観察しながら撮影するも、到着してから2日間ずっと曇り、、、ニセコ泊をもう1泊延長した3日目の夕方にやっと太陽が顔を出してくれました!\(^o^)/

標高1,898mの羊蹄山の雄大な姿と、地球上最大の鳥ダチョウのコラボを撮影することができました。

_MG_3759_1.jpg


羽が黒いのがオス、茶色いのがメスです( ̄^ ̄)ゞ
_MG_3354.jpg

ダチョウは鳥なのに飛べないのが残念ですが、2本の足で時速60kの早さで走れるそうです。

また、ダチョウは恐竜の生き残りと言われていて、
持ち前の生命力で絶滅せずに進化しながら生きのびてきたという鳥。
その足は、まさに恐竜です。
_MG_3631.jpg

卵だって特大です!
_MG_2350.jpg

ダチョウは草食動物で、草を食べて大きくなります。
草だけでこんなに大きくなるなんて驚きです!
_MG_3637.jpg

同じ放牧地には牛達やポニーも草を食んでいました。
_MG_2764.jpg

_MG_4062.jpg

牛だって草だけでこんなに大きくなるんですよねp(*^-^*)q草食動物ってすごい!
_MG_3360.jpg

そんな、ある夏の日のニセコの思い出でした(*^_^*)
_MG_2509.jpg


ところで羊蹄山は(羊の蹄の山)と書きますね。

(これはマザー牧場で撮影した羊です^^)
14512mother620_20190819184930b14.jpg
もしかしたら何か羊と関係があるのでは?!
と、期待してネットで検索してみましたが、特に羊に関する物語を見つけることが出来ませんでした(#^.^#)










あひるの大行進 2019カレンダー楽しい牧場の仲間たち7月

イソゲ💨急げ〜!
7_20190723193508429.jpg

急ぐアヒルさん達の向かう先はおいしいおやつが待っています。
マザー牧場の人気のイベント、アヒルの大行進。

お兄さんが鳴らすベル🔔の音がする方に急いで駆け寄るアヒルさん達。
190626mother208.jpg

おやつ💓おやつ💓
190626mother210.jpg

イソゲ〜💨💨今度はあっちでベル🔔がなってるぞ〜!
190626mother212.jpg

飛べた♫
14512mother317.jpg


2019年大判カレンダー 楽しい牧場の仲間たちの7月の写真の風景でした♫
09251022_5ba98dc23ccab.jpg

長かった梅雨もそろそろ明けそうな今日この頃、暑中お見舞い申し上げます。
190403mother212.jpg




富士山周辺動物めぐり

2019年も折り返しの6月になりました。

牧場カレンダー楽しい牧場の仲間たちの6月は、静岡県の朝霧高原にあるまかいの牧場の写真です。
6b.jpg
撮影したのは2015年の5月10日。
まだ毛刈り前のサフォーク羊と少し雪が残る富士山です。
毛刈りが終わったた羊とまだの羊がいて、毛刈り前のサフォークにモデルになってもらいました。

今年の6月16日にも、同じ場所へ撮影に行ってきました。
放牧地にいる全ての羊達は、すでに毛刈りが終わっていました。
写真の羊は毛刈り後のコリデール、富士山の頂上は雲で隠れていました。

190616fuji037b.jpg

このあと、まかいの牧場から車で10分の場所にある牛の放牧地に移動すると、雲がとれて富士山くっきり!
頂上にまだ少しだけ雪が残っていました、6月でも頂上は寒いのですね。
190616fuji282.jpg

その後、白鳥に会いに山中湖へ。
到着した頃には日は暮れてしまいましたが、まだ少し色が残る空にぽっかりお月さま。
梅雨の晴れ間の美しい一日でした。
190616fuji369.jpg
プロフィール

makibaphoto

Author:makibaphoto
まきば写真家の平林美紀です。
動物と自然の気持ちの良い風景を集めていきたいと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも一覧

イングランドの田舎から

5匹のパグLIFE
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR