マイペースのススメェー

2 0
まきば系カメラマンと、シティ派(私の勝手なイメージですが)コピーライター三井明子さんとのハイブリットなひつじ写真詩集
「マイペースのススメェー」が出来ました!
早い所では、12月8日から本屋さんに並びはじめます。
_25A2328.jpg

96ページ、B5変形サイズ、小さメェーでかわいい本です。
クリスマスのプレゼントにもオススメェー!
ぜひ一家に一冊!よろしくお願いします!!

<ご利用のご注意>大変マイペースなひつじ写真と言葉になっている為、眠たくなってしまうかもしれません。運転の前などに読むときはおきをつけ下さい(笑)


〜この本ができるまでのあらすじ〜

「ひつじ年までに、ひつじの写真で本を作りたい。」そうずっと思いながら牧場で写真を撮りためていました。
そしてお世話になっている編集さんなどに話してまわっていましたら、「たのしいまきば」を編集してくれたパイインターナショナルの編集者、森山さんに社内の編集会議にかけていただけることになりました。
その結果、「犬や猫の写真に比べて、ひつじの写真だけでは(売上げ予想的に)難しいだろう。」との見解。
それでもあきらめきれず、しつこく呪文のように「ひつじ年までにひつじの本を、、、」と言い続け、「では写真に言葉を付けてみる方向で再検討してみましょう。」と言っていただけ、三井さんにもご協力いただけることになり、編集会議で「これならいけるかも!でもスケジュール的に、年内はむずかしそう。」という事になりました。
私は「ひつじ年までに」ということに強いこだわりがあり、
「ひつじ年に間に合わないなら、ムリに作らなくてもこのまま13年後のひつじ年まであたためておいて、今回はあきらめようかな、、、」と、実はあきらめかけたのですが、そこを森山さんが、なんとか年内に間に合うようなスケジュールを組んで下さり、森山さん、三井さん、デザイナーさん、印刷会社さんなどなど、たくさんの方がお忙しい中力を貸して下さり、なんとかひつじ年に間に合うように完成できました!!

これで、安心してひつじ年が迎えられます(笑)、関わってくださった方々に本当に感謝です!

〜三井さんとのこと〜
三井さんとは今回初めてのおしごとで、編集の森山さんが仲人となってご一緒させていただくことになりました。
三井さんのオフィスは虎ノ門ヒルズの13階にあり、あまりにも都会的な雰囲気に気後れし、緊張しながら会いに行きましたが、とても気さくで気取らない素敵な方でした!三井さんに言葉を付けていただけておかげで、写真に物語が生まれ、ひつじ好きはもちろん、そうでない方にも楽しんでいただけるような本になったのではないかと思います。

写真 3

写真 2-1

「ぼく、トラのもん。」虎ノ門ヒルズと、ドラえもんのハイブリット。
写真 1







ページトップ