九州まきば巡り(その2)in長崎

ここは長崎県雲仙市の吾妻岳の中腹、
標高400mに広がる牧場の里あずま
17429azuma101b.jpg

広い広い牧野のどこに牛がいるかは行ってみないとわかりません。
柵から離れた所にいるときもあれば、
17429azuma312b.jpg

柵ごしの目の前にいるときもあります。
17429azuma077b.jpg

牧場の一角に突如現れた万里の長城(?)と脱柵子牛のいる風景。
17429azuma215b.jpg

この万里の長城(?)は上を歩くことができます。
17429azuma235.jpg

この万里の長城(?)は、いつ誰が何の為に作ったのか謎です、特に説明看板などもありません。 また、訪れた日はGWなのですが、すごく良い場所なのにほとんど人がいないのも謎。

この場所の問い合わせ先は市役所のようですので、おそらく市営の牧場で市民の為の憩いの場所として整備されたのでしょう。

牧場を一望できる眺めの良い場所に広めの駐車場とトイレもあり、まきば巡り的にかなりの穴場スポッットです。
駐車場脇にはちょっとした広場もあり、レジャーシートやお弁当をもって牛を見ながらピクニックするのも気持ちよさそうです。

移動して長崎県でもう一カ所、諫早市の唐比ふれあい牧場に行ってみました。
17429karako18b.jpg

ここにいる馬はなんと、日本に8種類現存する日本在来馬のひとつの「対州馬」でした。(牧場HPには書いてはなかったけれど、馬の柵に説明書きが貼ってあったのでわかりました)
対州馬は小さいけれど力持ちで、昔は農耕馬として活躍していたのですが、農業の機械化に伴って頭数が減少してしまった絶滅危惧種です。
17429karako08b.jpg

ちなみに日本馬事協会のHPによると、現存する8品種、原産地、日本全体の飼育頭数(2016年調べ)は以下になります。

道産子(北海道)1000頭前後
与那国馬(与那国島)130頭
トカラ馬(トカラ列島)123頭
御崎馬(宮崎)102頭
木曽馬(長野)150頭
野間馬(愛媛)53頭
宮古馬(宮古島)46頭
対州馬(長崎県対馬市)39頭

どうやら対州馬の数が一番少ないようでした!

在来馬の保存活動は原産地の県や市などで行っているようですが、財政や人手など、いろいろ簡単ではないと聞きますが(昔は他にもいろんな種類の日本在来種がいて活躍していたそうです)何とか守られてきた8品種のひとつに会えて、とても嬉しかったです。
17429karakob.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makibaphoto

Author:makibaphoto
マキバ写真家の平林美紀です。
動物と自然の気持ちの良い風景を集めていきたいと思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも一覧

イングランドの田舎から

5匹のパグLIFE
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR